【モノの扱い=人の扱い】

【モノの扱い=人の扱い】




こんにちは、ノエルです。

 

本日は周りが見ていない普段の日常生活で

ある1つのポイントを意識したら

顔つきが変わるという秘訣をお伝えします。

 

これを実践するだけで、顔つきや目つきオーラが変わり

面白いくらい人間関係が円満になります。

 

では、そのポイントとはなんでしょうか?

 

【モノを大切に扱うこと】です。

 

世間にはアニミズムの考え方があります。

 

アニミズムは、有機質・無機質関係なく、どんなものにも

霊・神様が宿っているという考え方です。

 

実際に、モノにはエネルギーがあります。

 

例えば、良いパワーストーンに触れるだけで

筋肉が反応して、本領発揮をする場合があります。

 

ちなみに相性の良いストーンを選ぶ方法を

オーリングテストと言います。

(一度やってみると、効果がわかります)

 

まぁ、実際にモノに霊や神様が宿っているかは

僕はわかりませんし、誰も証明できません。

 

ただ、そこに霊や神様が宿っているという考え方を採用して

生活をしたほうが仕事的にも、私生活的にも都合がいいです。

 

だって、そこに霊や神様がいると考えたら

モノを大切に扱いますよね。

 

ここで一つ面白い方程式をお伝えします。

 

「人間関係=モノ関係」

 

どういうことかと言うと、モノの扱い方は

人間の扱い方に如実に現れるということです。

 

これは僕の実体験ですが、モノを雑に扱うときは

仲間や友人も雑に扱います。

 

よって、人間関係が荒んでいきます。

 

逆にモノを丁寧に扱うときは

人間関係は円満になります。

 

なぜなら、仲間や友人を神様のように

丁寧に対応するからです。

 

ちなみに丁寧の尺度を測る際は

「音で認識する」のがベストです。

 

行動する際にどれだけ静かな音で

行動が出来ているのかを認識するのです。

 

扉を閉めるとき

靴を下駄箱から出すとき

コップを置くとき

携帯を置くとき

タイピングするとき

料理をするとき

掃除をするとき

 

全ての行動に自分の意識が

写像(転写)されてしまいます。

 

僕は音がうるさいと

 

「あっ、心荒れているな」

「焦っているかな」

 

と認識します。

 

ちなみにこの認識をジュナーナヨガと言います。

(丁寧に動く奉仕の心はカルマヨガと言います)

 

周りが見ていない私生活でモノを丁寧に扱い(カルマヨガ

そして、その行動する際の心理状況を認識すると(ジュナーナヨガ

自分の意識というものが理解できてきます。

 

意識は顔つき、姿勢、食べ方、洋服、オーラ、ライティング、言葉など

全てのものが現実世界に写像されます。

 

「意識なんて目で見えないから良いじゃん!」

と思うかもしれませんが、残念なことに目で見えています。

 

それは微表情だったり、声色だったり

背筋や言葉の節々などでわかります。

 

恋人が「笑っているのに怒っている」のと

同じくらいわかります。

 

仲間が「喜んで手伝うよ」って言っている割に

喜んでなさそうな声色が電話越しで伝わるようにわかります。

 

意識は現実世界にアウトプットされるのです。

翻って、目で見えてしまいます。

 

だから、意識は大切にしたほうがいいですし、そのためにも

ジュナーナヨガとカルマヨガを実践すると良いと思います。

 

僕はモノを丁寧に扱ってから

人間関係が良好になりました。

 

これからも、モノを家族や恋人のように

大切に扱っていきます。

 

最後までお読みいただき

有り難うございます。

 

ノエル

(静かにポチッと送信)

 

*アイキャッチ画像出典元




マインドセットカテゴリの最新記事