自分の弱さを認め、他人の強さを認める

自分の弱さを認め、他人の強さを認める




こんにちは、ノエルです。

 

本日はクレームを受けたときに

そのクレームに感謝できる自分になれる考え方を

お伝えします。

 

そして、この考え方を毎日意識すれば

そもそもクレームを受けない人になれますので

ぜひ意識してほしいなと思います。

 

では、その考え方とは何かというと、

自分の弱さを認め、他人の強さを認める

ということです。

 

人間誰もが、自己顕示欲を持っていて

自分を良く見せたいという想いがあります。

 

だから、自分の弱さを認めるのって

なかなか難しいんですよね。

 

自分を良く見せたいがために

否定されると反発をしてしまいますし

 

「俺の考え方をわかっていないお前が

 センスないんだよ」って

 

相手を否定してしまう可能性もあります。

 

特に男性は支配欲強い人が多かったりするので

(もちろん、人によります。女性にもいます)

 

自分の意見に従わせようと

相手に押し付ける傾向があるかもしれません。

 

しかし、そんなことをしても

敵を作るだけで、なんの効果もありません。

 

もし、注意されたとき、クレーム受けたときは

まず、自分の呼吸を認識してほしいんですね。

 

だいたい、イライラするときやネガティブ思考になるときは

呼吸が浅くなっているはずです。

 

そうすると、抽象度が下がり

正しい判断力を身につけることができません。

 

なので、まずは深呼吸を繰り返す。

 

その上で、自分一人では生きていけないことを

認識しましょう。

 

反発精神がある人は依存よりも

支配のバランスが強くなっているときです。

(理想は50:50です)

 

しかしながら、我々人間は

何かに依存しないと生きていけません。

 

洋服も水も家もパソコンも

全て誰かが作ってくれています。

 

自分一人で、全てのものを作り

それで生活することは不可能なのです。

 

要は自分一人では何もできないから

他人の力(強さ)を借りないといけません。

 

そう考えたら「依存無くして生活無し」です。

生かされていることを実感するはずです。

 

そして、周りの力のお陰で生きていることを実感すれば

実は周りの声は自分の人生の支えになっているのではないかとも

徐々に思えてくるんですね。

 

そうしたときに、初めて

「自分の弱さを認め、他人の強さを認める」ことができると思います。

 

ちなみに、あらゆる人物の尽力により生かされているという

背景やストーリーを感じ取ることを「縁起」と言います。

 

全てが繋がっているということです。

 

そう考えたときに、、、

もしあなたが注意やクレームを受けたとしたら

それは今後のあなたの人生に繋がってくるということなのです。

 

翻って、あなたに対するクレームや注意というのは

あなたの人生を向上させてくれるものだと認識できるはずなので

受け入れやすいし、反発しにくくなります。

 

そして、一度受け入れてしまえば冷静になるので

なんでクレームを受けたのかも徐々に理解できてくるはずですし

感謝の心が込み上がってくるものです。

 

ぜひ、縁起を意識して

「自分の弱さを認め、他人の強さを認める」人間へと

共に成長していきましょう。

(自戒の念がこもっています。笑)

 

そして、縁起(全つながり)を意識して毎日を過ごせば

感謝の心を忘れることなく、謙虚に

努力する日々に変わるのではないかなと思います。

 

生活を律し、過剰な欲望は減り

周りに活力を与える人間になります。

 

そうなれば、そもそも

クレームを受けるような人間にはならないはずです。

 

クレームを受ける人間は

堕落して、油断している人です。

 

クレームを受けずに

周りに良い影響を与え、感謝される人は

努力と準備を怠らない人です。

 

今回は大きく2つのポイントに集約しました。

 

・自分の弱さを認め、他人の強さを認める

・縁起

 

これらがあなたの今日からの人生に

激変をもたらしてくれるはずです。

 

少なくとも僕はこの考え方で

行動力もめぐり合わせも変化が起きました。

 

しかし、まだまだ未熟者なので

今日も生活を律して、活力を自分の欲望のためだけでなく

周りに対する貢献に使っていきます。

 

最後までお読みいただき

有り難うございます。

 

ノエル

 

アイキャッチ画像出典元




マインドセットカテゴリの最新記事